企画とは?

企画とは?

企画(Planning)と計画(Plan)のちがい

 

企画を英語に訳すとPlanningになる。

それに対してPlanは計画と訳す。

企画=Planning、計画=Plan。

前者(Planning)は企画を練っているという状態(つまり、まだ、計画は確定していない状態)を表している。

後者(Plan)は計画が確定している状態だ。

このことから企画(Planning)とは、計画を決めるための作業であることが分かる。

このように企画と計画は似ているが全く異なるものだ。

※企画(Planning)と計画(Plan)のちがいに関しては、

plan(名詞)/planning(名詞)の違い?」を参考にしています。

解決すべき問題(課題)は何か

計画を決めるための作業である企画は、

現状はどうなっているのか、解決すべき問題(課題)は何か、

いかに解決するか、という部分が重要なウエイトを占める。

特に、解決すべき問題(課題)は何か、という部分は、

企画を求めている人たち(クライアントであったり、ユーザーであったり)が

自分でも気付いていないというケースがある。

 

ジョブズのプレゼンテーション

例えば、アップルのCEOだった故スティーブ・ジョブズのプレゼンテーション。

ジョブズはユーザーがまだ気がついていなかった潜在的なニーズ(欲求)を先取りし

商品化することができる天才的な人だった。

だから、彼がiPhoneやMacBook Airをプレゼンテーションすると

聴衆は「ああ!それが欲しかった!」と気がつかされたのだ。

企画にはこの気づきの部分がとても重要なのだ。

その企画には「なるほど」があるか?

クライアントに「なるほど!」と思わせる企画書は新しい気づきが盛り込まれている。

実は、解決すべき問題(課題)に気がついた時、企画の半分はできたも同然だ。

課題の設定が間違っていなければ、必ず正しい「対策」にたどり着くことができる。

もし、あなたが企画書を書いたら、その企画書に

解決すべき問題(解決)が明確に提示されているかチェックしてみよう。

すでに誰もが気付いている課題や提案済みの課題だったら、

もう一度企画を練り直してみよう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top