企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

企画脳を鍛えるブログの書き方

企画脳を鍛えるブログの書き方

 

ブログの書き方次第で企画力を高めることができる

ブログとは企画のバーベルである。

バーベルとは、両端に鉄の輪をはめた筋肉を鍛える道具のこと。

なぜ、ブログは企画のバーベルかというと、

ブログを毎日書き続けることで

脳の企画を考える部分に筋肉をつけることができるからだ。

もちろん、バーベルをブンブン振りませば筋肉が効率よくつくという訳ではない。

同じことがブログを書く時にも言える。

そこで、企画脳を鍛えるブログの書き方をご紹介しよう。

1 毎日、ブログの記事を書くこと

毎日、ブログの記事を書くということは、

毎日、記事の企画会議を頭の中で行うということだ。

ジョギングでも、ウォーキングでも、ラジオ体操でも、1円貯金でも、

毎日続けると100日、1000日経った時に必ず力になっている。

同じことが企画脳にも言える。

 

2 ネタ探しのアンテナを張りめぐらせること

毎日、ブログの記事を書くには24時間のうち、

起きている時間にネタを探さなければならない。

毎日、記事を書くことでネタ探すようになり、

ちょっとした外出、旅行、会話、テレビで得た情報などの中から、

自然と記事になるネタ探しのコツを身につけていく。

そうすることでネタ探しのアンテナ感度は確実に高まる。

3 PDCAを回して企画力を高めること

ブログはグーグルアナリスティクスなどを使うと、

アクセスした人数や閲覧されたページ数、時間などが克明にわかる。

つまり、自分で探したネタで、自分なりの企画で書いた記事が、

どんな風に評価されているかを確認できるのだ。

結果がいい時もあれば、悪い時もあるだろう。

悪い時はデータを検討して原因を探り、調整することも可能だ。

これを「PDCAを回す」という。

PとはPlan。(ブログの場合、ネタ探しや記事の企画のこと)

DはDo。(ブログの場合、記事を書いて投稿すること)

CはCheck。(ブログの場合、グーグルアナリティクスでデータを確認すること)

AはAct.。(ブログの場合、記事を修正したり、次に新しい記事を書く時の改良点にする)

このプロセスを繰り返すことで、自分の書きたいこと、読者の求めていることがわかり、

読者が求めているものは何かを考える力が養われる。この力を高めていくと、

企画を立てる時にユーザーの立場・視線で考えることができるようになる。

まとめ

ブログを日記と捉えず、個人の情報発信メディアと捉えると、

日々、企画を鍛える場所になる。

ブログを毎日続けて企画力を高めよう!

 

ちなみに、タイマーライティングの結果。

今回も21分でした。

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top