企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

また、Googleにロボットと疑られた!画像テストの対処方法

また、Googleにロボットと疑られた!画像テストの対処方法

 

3日間で2回もロボットと疑うられた

今度は、1日記事3本配信を目指して記事を書くたびにFetch as Googleを行い、

さらに記事を修正したのでFetch as Googleを実施。

これらを短時間で行ったため、また、グーグル様によるロボットと疑られた。

前回、疑られた時は数字確認だったが、今回は画像テストだ。

いろいろな疑い方(テストの仕方)があるのだな!と感心する。

ロボットか?人間か?これが画像テストだ

以下にグーグル様が突きつけてきた画像テストをアップしておく。

who-are-robt

画像テストには何パターンかあったのだけど、生憎、この川のパターンしかスクショしなかった。

あとは「お店の画像はどれ」「家の画像はどれ」といった画像テストでした。

正解しても1回で終わらず何回となくテストが出てくる。

この川の画像テストが難しかった。

写真が微妙で人間様でも迷う。

湖なのか、谷なのか画像が小さくて汚くてわかりづらいのだ。

ここで間違えると「お前、ロボットだろ!」とグーグルに判定されるのではないかと気が気ではない。

これとこれが川だ!とクリックすると「川の画像を全部クリックしてください」とメッセージが出る。

あ〜!間違えてしまったぁあああ!

 

画像クイズが難しい時の対象方法

こういう場合は慌てない。

落ち着いて画面テストの左下をクリックすること。

すると次の新しい画像テストに切り替わる。

今度は「家の画像をクリックしてください」というテスト。

これは簡単だ。

まとめ

「グーグルにロボットと疑られた」でネット検索すると

僕と同じような体験をした人が結構いるようだ。

やはり、ロボットと疑られてみんなドッキとするみたい。

やはり、短時間に通常ではあまりない速度で更新したり、検索すると疑られるらしい。

でも、何も違法行為はしていないので仕方ないもんね。

ということで疑られた時は慌てずに落ち着いてグーグル様のテストにお答えしよう。

 

タイマーライティング記録:27分

途中で息切れして予想以上に時間がかかった!

カフェで作業してたんだけど

集中力が切れたんだよね。隣の客が気になって・・・

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top