企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

ブログ記事をメンテナンスしよう!

ブログ記事をメンテナンスしよう!

 

メンテナンスできる文字メディア=ブログ

ブログとはメンテンスである。

というか、これほど自由に文章のメンテナンス(追加や修正)が行えるメディアはない。

新聞も雑誌も1度発行したらメンテナンスは不可能だし、

企業のHPは不可能ではないけれど、よほどのミスや理由がなければコピーなどのメンテナンスは行わない。

それに対して個人のブログは本人がその気になればいくらでも手を入れることができる。

メンテナンスの理由「情報更新のため」「未熟なため」

WEBで「ブログ 記事 メンテナンス」と検索すると

記事のメンテナンスする理由について先輩ブロガーたちも書いている。

理由その1は情報更新のため。

古い投稿記事だと時間が経つにつれ現状とそぐわなくなるケースがある。

例えば、美味しいラーメン店の記事を書いたが、

そのお店が移転してしまったので新しい住所を書き加える、といったパターンだ。

理由その2は未熟なため。

これはブロガーとして駆け出しだった頃の記事を読み返してみて

そのヘタクソさに作者本人が耐えられなくなり記事を修正(メンテナンス)するパターン。

 

生まれて初めて記事をメンテナンスをしました

それで僕自身のことなのだが、今日、生まれて初めて記事をメンテナンスをした。

どうしてかというと、グーグルアナリティクスをチェックしていたら

まだ、ほとんどアクセスのないこのブログに昨日訪れてくれた人がいたのだ。

実は、このブログは開店休業な状態でほとんどアクセスがない。

そんな中、一人でもいらっしゃってくれれば大切なお客様、いや読者だ。

しかし、その人、30秒くらいでお帰りになられた。

何がお気に召さなかったのかしら?と思ってその人がアクセスしたページを確認してみた。

数日前に投稿した記事だった。

読み返してみた。

ついこの間、自分が書いた記事なのに、自分で書いたとは思えないくらいヘタクソな文章だった。

という訳でその記事を未熟だったことを理由にメンテナンスした。

メンテナンスしたが、まだ、完全に納得できていないので

しばらくしたらまたメンテナンスするかもしれない。

文章力はそう簡単にアガるもんじゃないからね。

まとめ:月に1度くらいは記事メンテナンスの日を

紙に印刷した文字は修正できないけれど、

デジタルツール上の文字は修正がカンタンにできるのがいい。

もちろん、最初の投稿で100パーセント完成した記事が書ければいいけど、

そうなるまでにはまだ時間がかかりそうだ。

いやいや、ブログの記事を書くのは難しい。

ちゃんとした記事をきちんと書けるようになるためにも、

これから月に1度くらい「記事メンテナンスの日」を設けるつもりだ。

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top