企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

iPhoneをセピア色にするナイトモードは、なぜ、目に優しのか?

iPhoneをセピア色にするナイトモードは、なぜ、目に優しのか?

 

iPhoneが突然、セピア色に!

iPhoneはときどき驚かしてくれる。

僕はiPhoneを肌身はなさず持ち歩いている。

家にいる時も、外出する時も、

ポケットに入れている。

今日、iPhonenoをポケットから取り出すと

画面がセピア色に染まっていたのである。

ちょっとびっくり!

iPhoneの奴、驚かせてくれるじゃないか。

と思ったが、たぶん、

歩いているうちにポケットの中で

誤操作が発生したのだろう。

 

iOS9.3から搭載された「ナイトシフトモード」

早速、「iPhone セピア」でググってみた。

するとセピア色の原因が「ナイトシフトモード」であることがわかった。

そんな機能があったんだ。

というのも、つい三日前にiPhoneを新調して「iOS 9」にしたばかりだったから。

ナイトシフトモードは「iOS 9.3」から搭載されたらしい。

それまで「iOS 8」だったので知らなかった。

「ナイトシフトモード」設定の仕方

設定の仕方はiPhone画面を下からスワイプ。

真ん中のアイコンがナイトシフトモードだ。

これをタップする。

img_0015

すると以下のような表示が現れる。ここに

「Night Shif は、目の緊張を緩和するために

夜間にディスプレイの色が自動的に調整されます」

と目のためのナイトシフトであることが明記されている。

 

img_0018

ナイトシフトモードは「時間設定」と「手動でスケジュール設定」の2つがある。

ここでは「スケジュール設定」をタップ。

img_0019

開いたのはNight Shifの設定画面。

これは設定>画面表示と明るさ>Night Shif>設定画面でも開くことができる。

ここで「時間指定」「手動で明日まで有効にする」というやり方を選ぶことができる。

僕は手動で調整したいのでどちらもオフ。

あとは「色温度」でナイトシフトの時、どれくらいセピア色にするか調整できる。

「暖かく」にするほど目には優しいが見づらい画面になるので丁度いいさじ加減を設定しよう。

「色温度」を調整すると画面の色が変化するのだが、「手動で調整」にしていると何の変化もない。

その時はひとつ前の画面に移動して「Night Shif」をオンにすること。

そうすると「色温度」のレバーの位置に応じて画面の色が変化する。

なぜ「ナイトシフトモード」は目に優しいのか?

ナイトシフトモードはブルーライトを低減させ目に優しいと言われている。

ブルーライトとは

ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中でも、380~500nm(ナノメートル)の波長の光で、網膜まで届くエネルギーの強い光を指します。 今のテレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面にはLED(発光ダイオード)がバックライトとして使用されていることが多いため、ブルーライトを強く発生させています。

(「Zoff PC – ブルーライトとは」http://www.zoff.co.jp/sp/zoffpc/bluelight/)より

それに対して暖色系の色はブルーライトより波長が長く

弱い光となるので目を疲れさせない・・・という原理から

セピア色がナイトシフトモードとなっているようです。

まとめ

夜になったらiPhoneをナイトシフトモードにして目の負担を軽減しよう。

できれば、寝る前、1時間くらいはパソコンやスマホはやめるのがいいだろう。

・・ということは分かっているがなかなか実行できない。気をつけなくちゃ。

それから、どうでもいいことだけど、

ナイトシフトモードをセピア色はスクショしてみたけど

スクショだとセピア色が消えてしまった・・ということも発見。

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top