企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

Evernote(エバーノート)で文字校正!

Evernote(エバーノート)で文字校正!

 

Evernoteのない人生は考えられない!

Evernoteといえば、WEBサイトから写真、テキスト、手書きメモ、音声など、あらゆる情報を記録するツールとして多くの人たちに愛用されている。

僕もその1人。

WEBサイトとメモを記録するくらいの単純な使い方で満足しているが、Evernoteのない人生は考えられない!というくらい頼りにしている。

実は、使ってみて発見した便利さがあった。

それは文字校正用にEvernoteを活用するという方法だ。

Evernoteで企画書の文字校正!

僕は企画書の文字校正をする時にEvernoteを使っている。

文字校正の一般的なやり方はプリンターで出力した紙に赤字を入れる

このやり方だとプリンターがないとできない

また、紙やインクなどのコストがかかる

次に、プリンターを使わずにPDFで文字校正するという方法もある。

これなら紙やインクのコストを心配する必要はない。

しかし、PDFの欠点はレスポンスが重たくて時間がかかる点。

そこでおすすめなのがEvernoteによる文字校正

企画書の場合、手順は以下の通り。

  1. 企画書をPDFにする。
  2. Evernoteを立ち上げる。
  3. ノートを作成する。
  4. PDFの企画書をノートにドロップダウンする。
  5. ノートにPDFが表示されたら右上の「このノートに書き込む」をクリックする。
  6. 書き込み用のノートが表示されたら、そこに文字ツールやぺんツールを使って赤字を入れる。

 

 

Evernoteによる文字校正のメリット

  1. 注釈サマリーで赤字を入れた部分をクローズアップして表示してくれる。どこに赤字を入れたか素早く確認できる。
  2. グループで作業している場合、赤字を入れたPDFをメンバーと共有出来る
  3. リマインダー機能

上記のようなEvernoteならではの機能があり、文字校正の作業効率を高めてくれる。

Evernoteでブログの文字校正!

ブログ記事のメンテンスを行うときは以下の手順で。

  1. ブログの記事部分をコピーする。
  2. Evernoteを立ち上げる。
  3. ノートにブログ記事をペースとする。
  4. 右上の「このノートに書き込む」をクリックする。
  5. 書き込み用のノートが表示されたら、そこに文字ツールやぺんツールを使って赤字を入れる。

 

公開済みの記事をメンテナンスする時、Wordpressの場合、「更新」ボタンしかないのでメンテナンス中の記事を保存できない。

その点、Evernoteにコピペして文字校正をすれば保存も出来るので安心だ。

 

まとめ

「Evernoteで文字校正」という記事を見かけたことがないので記事にしてみた。

パソコンとEvernoteがあればどこでも文字校正でき、とても便利!超おすすめ!

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top