ブログの書評・記事を書くためのインプット方法

ブログの書評・記事を書くためのインプット方法

 

効率の良いインプット方法とは?

ブログの記事を書いたり、企画を立てる上で、「インプット」はおろそかにできない。

もし、自分自身に対してインプットの質や量が低下したら、当然、アウトプットのクオリティも低下してしまう。
それを避けるには、効率の良いインプットの方法を身につけてクオリティの高いアウトプットを目指すことだ。

そこで今日は効率の良いインプットの方法についてまとめてみた。

書籍はインプットの重要なツール

そもそもインプットとはなんだろうか?

入力。特に、コンピューターで、情報を記憶装置へ入れること。

デジタル大辞林より)

しかし、僕やあなたはコンピューターではないので情報などを五感を使って知るという作業がインプットになる。

インプットする情報はどこから入手するかというと、大きく分けると以下のように「現実」と「メディア」になる。

  • 現実・・・「人」「体験」「学習」
  • メディア・・・「テレビ」「新聞」「雑誌」「ラジオ」「書籍」「WEB」「SNS」

我々は現実世界で出会った人、体験したこと、学習したことから新しい情報や価値感をインプットする。

また、「テレビ」「新聞」「雑誌」「ラジオ」「書籍」といったマスメディアや「WEB」「SNS」などのデジタルメディアからも新しい情報を入手している。

特に、マスメディアやデジタルメディアの中でもコストがかかり、インプットの時間を要する「書籍」はインプットをすることで価値ある情報を入手できるツールだと言える。

 

アウトプットのゴールを決めてインプットする

さて、書籍のようにページ数があり読むのに時間がかかる場合、いかに効率よくインプットするかがポイントになる。

効率の良いインプットを目指すには、アウトプットについて知る必要がある。

アウトプットは大きく分けると以下の2つになる。

  • 言語化・・・ブログの記事、会議などでの発言、感想文、小説など
  • 日言語化・・・絵画、音楽、舞踏など

今回は「言語化としてのアウトプット」を前提にしている。

もう少し噛み砕いて言うと、記事として読まれる形でアウトプットするために、書籍を読んでインプットするということだ。

このように事前にアウトプットのゴール(=ブログの記事のテーマ)を設定しておくと書籍を読んでいる時に効率よくインプットできるようになる。

具体的には関連するキーワードが自然と目に飛び込んでくる感覚だ。

このやり方に慣れてくると、時間がない時は本のページをパラパラとめくるだけでキーワードに感知し、必要な文章のブロックだけを読むことができるようになる。

そうなれば読書時間(インプット)をぐっと短縮することができる。

まとめ

ブログの書評や記事を書くためにインプットする時は、アウトプットのゴール(=ブログの記事のテーマ)を想定してインプット(読書)をしよう。

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top