企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

『弁護士ビリー・マクブライド』のオープニングも傑作だ

『弁護士ビリー・マクブライド』のオープニングも傑作だ

観る者を1コマ目から作品に引きずり込む

最近、「天才ソール・バスが変えたテレビの見方、映画の見方」という記事を読んだ。

ソール・バスは映画タイトルデザインの名手と言われている人。

1950年代から70年代にかけてハリウッド映画のオープニングを手がけて数々の傑作を残した。

有名なところではヒッチコックの『サイコ』、ロバート・ワイズの『ウェスト・サイド物語』などがある。

上記の記事には以下のことが書かれている。

バスは映画のオープニングを作る時、

観客は1コマ目から映画のなかに入り込まねばならない(略)。

タイトルシーンはこれから展開する物語の心理・感情的な雰囲気を打ち出すもの(略)。

と考えていた。

『弁護士ビリー・マクブライド』のオープニング

さて、本題は『弁護士ビリー・マクブライド』だ。

ソール・バスはこの作品とamazonオリジナルのドラマとは無関係だが、『視聴者を1コマ目からドラマの中に入り込ませ、これから展開する物語の心理・感情的な雰囲気を打ち出す」というバスの考えは『弁護士ビリー・マクブライド』のオープニングにも受け継がれている。

深い海の底を弁護士らしいスーツ姿でタバコを吸いながら歩くビリー・マクブライド。

海底のベッドが燃え上がり、やがて、炎に包まれた門を通り過ぎると彼は海面に向かって浮上していく。

このオープニングでどん底に落ちた弁護士の心理と「救済・再生」というテーマが明確に伝わってくる。

オープニングテーマはサイレント・コメディの『バーソロミュー』

このオープニングの背景に流れる力強い歌はサイレント・コメディの曲。

サイレント・コメディはロックやフォークをベースにしたサンディエゴのバンド。

ジョシュア・ジマーマンとエレミア・ジマーマの兄弟を中心に活動している。

オープニングで使われている曲のタイトルは『バーソロミュー』だ。

この曲はこれまでアメリカでゲームのテレビコマーシャルやテレビシリーズで度々使用されてきた。

オープニングでテーマ曲として流れるのは今回が始めて(と思われる)。

どんな歌かというと

川に浸かった人物(男?)が「助けてください」と救済を乞う歌だ。

1~3番まで歌詞があり、最初は膝まで浸かっていたのが、やがて腰まで浸かり、最後は頭まで川に飲み込まれてしまう。

それでも歌詞の最後の方で

 I’m all alone and the fire grows

と歌っている。

俺は独りだがメラメラと燃えているぜ!

という感じに意訳するとビリー・マクブライドの気持ちにぴったりくる。

まとめ

映画にしろドラマにしろ、オープニングとテーマミュージックが良いものにハズレはない。

本編はもちろん、オープニングに関しても『弁護士ビリー・マクブライド』は傑作だ。

『弁護士ビリー・マクブライド』関連記事はこちら!




コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top