企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

macのカレンダーが真っ白になった時の対処方法

macのカレンダーが真っ白になった時の対処方法

カレンダーが真っ白に!

本日、macのカレンダーを立ち上げたら、突然、アップデートが始まった。

そして、アップデート終了後、カレンダーのスケジュール欄が真っ白になった。

過去のスケジュールも、今月のスケジュールも、来月以降のスケジュール、すべて消えてしまった。

正直、焦りました。

そこで、すぐ、対処方法をググった。

まずは、iCloudを確認

ググッた結果、わかったことは、まずはiCloudにアクセスして、

iCloudのカレンダーが生きているか?あるいは真っ白になっているのか?

それを確認しましょう。ということだった。

確認して、iCloudのカレンダーが真っ白になっていたら重症だ。

僕の場合はiCloudのカレンダーには

過去も、今月も、来月以降のスケジュールも漏れなく表示されていた。

つまり、カレンダーのデータは生きているということだ。

よかった!

カレンダーを一旦終了して、再び立ち上げてみる

次は、どうすればiCloudのカレンダーとmacのカレンダーを同期させるか、ということ。

ググっても、これだ!という決定的な解決方法が見つからない。

カレンダーアプリを一旦削除して入れ直す・・・という方法があったが、

面倒なので実行しなかった。

もっと、簡単でシンプルな方法があっても良さそうなものだ。

そこで、試しにカレンダーを一旦終了させてみた。

そして、カレンダーを再び立ち上げる。

すると、カレンダーは空白のまま、また、アップデートが始まってしまった。

今度はいつまでたってもアップデートが完了しない。

状況として悪化している。

最終的に、mac本体を再起動してみた。

再起動でカレンダー、治る

macを再起動させてからカレンダーを立ち上げた。

すると、真っ白だったカレンダーにスケジュールが表示されているではないか!!

原因は分からないが、ともかく、カレンダーは治った。

カレンダーが不調の時は、試しにmacを再起動!というのも1つの手段。

再起動するとmacのトラブルはだいたい解決する(と思う。僕の場合)

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top