企画BLOG

アイデアと情報発信でLIFEリニューアル。

iPhoneで撮影した写真をiCloudストレージの「写真」と「iCloud Drive」で保存

iPhoneで撮影した写真をiCloudストレージの「写真」と「iCloud Drive」で保存

iCloudストレージに写真を保存しよう

iPhoneで撮影した写真はiCloudストレージにアップロードできます。

ただし、丸ごとアップロードするとアッという間にメモリが足りなくなる可能性があります。

そういった場合は、泣く泣く写真を削除するか、iCloud ストレージのメモリを購入することになります。

料金は以下の通りです。

日本 (円)
50 GB:¥130
200 GB:¥400
1 TB:¥1300
2 TB:¥2500

さて、メモリが足りているという前提でiCloudへ写真を保存してみましょう。

iPhoneで撮影した写真を
iCloudフォトライブラリでiCloudストレージに保存

iPhoneで撮影した写真をiCloudに保存する方法は2つあります。

一つ目はiPhoneで撮影した写真をiCloudフォトライブラリでiCloudストレージに保存する方法です。

やり方は、iPhoneの設定>写真とカメラ>iCloudフォトライブラリをオンにします。

Macなら環境設定>iCloud>iCloudフォトライブラリをオンにします。

これでアップロードした写真はiCloud.comの「写真」フォルダに保存されます。

iPhoneやリンクしているMacなどのデバイスにある写真を削除するとiCloudの「写真」フォルダにある写真も削除されます。

iPhoneで撮影した写真を
iCloud Driveに専用のフォルダを作って保存

もう一つのやり方は、iCloudの「写真」フォルダ以外にiCloud Driveに専用のフォルダを作って写真を保存する方法です。

この場合、iPhoneの設定>iCloud>iCloudDriveをオンにします。

Macの場合、システム環境設定>iCloud>iCloudDriveをオンにします。

iCloud DriveはDropboxのようなストレージです。

Dropbox同様に専用のフォルダを作ることができ、画像も文書データも保存できます。

僕はアップロードした写真を一部抜粋して、iCloud Driveに専用のフォルダを作って保存しています。

フォルダごとにテーマを分けて写真を保存することができます。

また、MacのFinderからiCloud Driveに直接アクセスできるので作業する時など超・便利です。

(iCloudの「写真」フォルダはiCloud.comにアクセスする必要があります)

まとめ

僕は、テーマ別に保存できる「iCloud Drive」の専用フォルダは長期保存用とし、

とりあえず保存するiCloudの「写真」フォルダのデータは一定期間すぎたら、

どんどん削除するようにしています。

このような2段階保存ルールにより無駄なデータを省くことができます。

 

 

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top