ストレンジャー・シングスのシーズン2が始まるので、シーズン1をおさらい。

ストレンジャー・シングスのシーズン2が始まるので、シーズン1をおさらい。

全盛期のスティーブン・キングの小説を、
全盛期のスピルバーグが監督したようなSFドラマ!

去年、つまり、2016年の秋に予備知識なしで『ストレンジャー・シングス』を見た時の第一印象が「全盛期のスティーブン・キングの小説を、全盛期のスピルバーグが監督したようなSFドラマ!」でした。

時代設定が1980年代ということもあるがSFである以前に80年代テイスト大爆発の作品なのです

1980年代といえば、スピルバーグが『インディ・ジョーンズ』や『E.T.』を大ヒットさせ、キングが『ダーク・タワー』シリーズ、『IT』『ミザリー』などの代表作を連発していました。

『ストレンジャー・シングス』はそういった80年代テイストをとても意識していて、テーマミュージックもシンセサイザーを使ったレトロなメロディが印象的です。

Wikipediaのストーリー

ネタバレしていますので文字を白くしてあります。

マウスで選択すると読めますが自己責任でお願いします。

1983年11月6日、インディアナ州のホーキンス国立研究所付近でで、12歳の少年ウィル・バイヤーズが失踪する。ウィルの母のジョイスは必死に息子を探し、警察署長のホッパーが捜査を始める。頭を剃った謎の少女エルが現れ、ウィルの友達の少年たちと知り合いになる。失踪事件は続き、エルは不思議な能力を見せる。ホッパーは研究所を調べ、超自然現象が研究されていたことを知るが、捜査は妨害される。エルは研究所で自分が実験台であったことを思い出し、少年たちと協力して、ウィルを救い出すために”裏側の世界”に入る。エルは怪物と戦って姿を消し、ウィルがこの世界に戻ってくる。

シーズン2を楽しむには、まず、シーズン1をチェックしましょう。

まとめ

『ストレンジャー・シングス』は第69回クリエイティブアーツ・エミー賞ではキャスティング賞、メインタイトルデザイン賞、メインタイトルテーマミュージック賞、編集賞、音響賞の5部門を受賞しました。

Netflixやamazonがオリジナルドラマを積極的に制作していますが『ストレンジャー・シングス』はその中でも大成功と高評価を獲得した作品です。

2017年10月27日(金)『ストレンジャー・シングズ 未知なる世界2』配信スタート!

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top