toggleでライフスタイルを改良する

toggleでライフスタイルを改良する

時間管理アプリtoggleで生活を計測する

toggleは時間を計測する管理アプリです。

導入の仕方や使い方は以下の記事を参照してください。

toggl登録、計測方法、仕事の見える化までの手順

今回はtoggleを使って生活シーンを計測することでライフスタイルを改良するというお話です。

生活を計測すると思ったよりムダの時間がある

計測の仕方は、仕事、散歩、朝食、昼食、経理、マネージメント、ゲーム、読書などの生活シーン別にできるだけ細かく分けて計測します。

すると、朝から晩まで休みなく働いていると思っていても、仕事の合間にクライアントからの返事待ちの時間があったり、ほんの5分だけと思って気分転換にやっていたゲームがの1日の合計が想像以上に多かった!なんてことに気がつきます。

それに対して、仕事の1日の合計時間が思っていたよりも少ないという発見があるかもしれません。

toggleが1日のロスタイムを「見える化」する

1つ1つは短い時間だけど1日に合計すると意外と多い、というのがロスタイムです。

toggleで生活シーンを計測することで、それまで見過ごしてきたロスタイムを「見える化」することができます。

実際、僕は「見える化」したロスタイムが1日90分以上あることに気がつきました。

このロスタイムを有効活用することで1日に複数のブログ記事がかけるようになりました。

ちなみに、以下の記事はロスタイムに実行したブログを量産する方法について書いたものです。

頭の中のブレーキを解除する方法

まとめ

  1. toggleを使って毎日の生活シーンを細かく計測する
  2. 計測した生活シーンの中から無駄な時間(ロスタイム)を発見する
  3. ロスタイムの合計を確認する
  4. ロスタイムの合計時間を他の有益な作業に振り返る

以上でライフスタイルを改良することができます。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top