個性のないブログを、ユニークかつ個性的に変身させる方法(ホント?)

個性のないブログを、ユニークかつ個性的に変身させる方法(ホント?)

個性のないブログについて。立ち読みでビビビッとくる

今回は個性のないブログをユニークかつ個性的に変身させる方法を調べてみました。

きっかけは東京駅前オアゾにある丸善である本を立ち読みをしていた時です。

これだ!とビビビッときました。

b2d1bd41ee73e70972c9d7c2d83bac60_s

それがこの本です。

新版 安売りするな! 「価値」を売れ!

という本です。

そこで目に止まったのが「USP」という言葉です。

man-2910653_640

USP?

本はまだ購入していないので著者のブログをチェックしてみました。

するとこう書いてありました。

USP(ユニーク・セリング・プロポジション)というのは、カンタンにいうと、企業の「独自の価値」ということです。

マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ

ブログの場合、ブログ独自の価値ということです。

商品が均一化して個性がわかりにくい時代、個性的になるためには、あなた自身を価値にすることが大事です。
個を発信することです。

マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ

そう言われて見れば、このブログを書いている僕自身の価値は低いです。(個人の感想です)

「独自の価値」と言われると何がなんだかわからなくなってきます。

今日は文化の日。三連休の初日で少し時間があったので調べることにしました。

ブログをユニークかつ個性的にするポイントは3つだ!

numbers-1990109_640

調査の結果わかったことは、ブログを書いている人そのものに価値があるにこしたことはない、という事実です。

その方が有利だし手取り早いんです。

川が上流から下流に流れるように、価値の低いモノは価値の高いモノに吸い寄せられますから。

でも、大丈夫。

人間の価値があろうがなかろうが、なんとかなるのがブログのいいところです。

ブログのいくつかのポイントを工夫することで個性的にユニークに見せることができます。

そのポイントは3つ!

  1. テーマ
  2. 見せ方
  3. 文章

です。

テーマで勝負するなら、誰もやっていない検索されるテーマ

まず、テーマで個性的かつユニークにする方法です。

まだ、他に誰も扱っていないテーマでの設定です。

そのテーマを孤高の求道者のように追い求めましょう。

孤独なクライマーのようにその頂点を極めればいいのです。

adventure-1850912_640

そうすれば、個性的かつユニークなブログを作ることができます。

例えば、

テーマはかき氷、ターゲットはかき氷ファンです。

テーマは富士そば、ターゲットは富士そばファン、立ち食いそばファンです。

他の人が思いつかないようなテーマを取り上げて、これまで沈黙を保っていた同好の士をおびき寄せるようなテーマ設定がポイントです。

見せ方がユニーク!写真を効果的に使ってユニークさを創造!

もう一つはブログの見せ方です。

見せ方に特化した「ブログは文章主体」という常識をひっくり返してくれます。

どういうことかというと、

  • 文字よりも写真が多い
  • 写真でストーリーを展開
  • 漫画のような感覚でブログを読ませる
  • インパクトがあって面白い

というのが「見せ方」に特化したブログの特徴です。

例として

常識破りのチャレンジを写真をつげてレポートしてくれます。

行った所を写真でレポート。みている方も一緒に行った気分になります。

OLさんのちょっとした心象風景写真日記。なぜかクスリと笑える。

これらの「見せ方」に特化したブログが常識破りなのは・・・

Googleが定義する

どうやってページをユニークにするかではなく、どうやってページの品質を高めてユーザーに価値あるものにするかという問題に置き換えよう。

オリジナルコンテンツを作ってページをユニークにする方法

という考え方を無視しているからです。

「お料理王国6」は観光案内的な要素もあるのでユーザーに取って価値があるかもしれません.

でも、「ARuFaの日記」「今日の休憩」はGoogleが定義する」ユーザーに取って価値ある情報」とは思えません。

それでも、これらのブログはGoogleの屁理屈を吹っ飛ばすくらい面白いのです。

つまり、十分、ユニークな存在せす。

ということは、文章で語っていたブログを、写真を活用したブログに改良することでブログそのものをユニークにできる可能性があります。

実はGoogleはSEO的に写真をちゃんとチェックしているというお話もあります。

写真の扱いを工夫することでユニークを目指しましょう。

文章でユニークさをだす!というのが最も王道だが・・・

これが意外に見つからない。

文章が個性的でユニークなブログが・・・。

ブログの文章は検索されなければいけない、とか、SEO的に書き方がある、など、意外に制約が多いためでしょうか。文章に関してどのブログも同じような印象です。

font-705667_640

唯一、文章が個性的でユニークと思うのは・・・常に「私の愛しいアップルパイへ」で始まり「貴下の従順なる下僕 松崎より」で終わるこのブログです。

この書き方はブログ記事の書き方として画期的!ある種の発明だと思います。

だから、とても個性的かつユニークです。参考にしましょう。

まとめ

無個性なブログを個性的かつユニークにするために、今回、記事を書くにあたり書き方や写真の使い方を工夫してみました。。

これでこのブログが個性的かつユニークになったかわかりませんが、

個性的かつユニークを目指して記事を作成すると、

ともかく時間がかかる!ことがわかりました。

それでもメゲずに個性的かつユニークなブログを目指しましょう。

(いや、すぐメゲるかもしれないが・・・)

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top