Kindle UnlimitedよりPrime Readingをオススメする理由

Kindle UnlimitedよりPrime  Readingをオススメする理由

先日、Kindle Unlimitedを辞める理由と退会の仕方について記事に書きました。

その後、「Prime Reading」というサービスがスタートしたことに気がつきました。

捨てる神あれば、拾う神ありです。

僕がKindle Unlimitedを辞めた月(10月)に同様の、しかも無料の読書サービスPrime Readingがスタートするなんて奇跡としか言いようがありません。

今日は僕がKindle UnlimitedよりもPrime Readingをオススメする理由を発表します。

Kindle UnlimitedよりもPrime Readingのちがい

まず、Kindle UnlimitedよりもPrime Readingのちがいについて簡単に説明しておきます。

  • Kindle Unlimitedは、月額¥980で、豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題のサービスです。対象は12万冊以上。
  • Prime Readingは、プライム会員なら本、マンガ、雑誌など無料で読み放題のサービスです。対象は900冊。

つまり

  • Kindle Unlimitedは有料で対象となる本の数が圧倒的に多い
  • Prime Readingはプライム会員なら無料だが対象となる本の数が少ない

と言うことです。

プライム会員で読書は好きだが時間の取れない人はPrime Reading

結論から言うと、上記見出しの通り、

  • プライム会員である
  • 読書は好き
  • しかし、読書する時間が取れない

と言う人(つまり、僕のことですが)にはPrime Readingがオススメです。

先月までKindle Unlimitedを使っていて、今月からPrime Readingに切り替えたけど、なんら不便を感じていません。

それで毎月980円を節約できるのですからPrime Readingはイチオシです。

Kindle Unlimitedは読書する時間がたっぷりある人には魅力的なサービスだと思います。

まとめ

アマゾンさん、ありがとう。

Prime Readingは良いサービスです。

僕はKindle Unlimitedを辞めてこっちにして良かったです。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top